avatar image

引き寄せの法則とネガティブ

またまた更新できていなかった。キンニクメンです。

今回ある恋愛に関する音声を聞いていて、ふと思ったことを書きます。

ネガティブな発言をしている人は臭い。ということの中に、マイナスホルモンがその原因だと言っておられました。

病気を抱えて生活される患者さん、同じ病気なのにポジティブに生活している方、ネガティブに生活している方分かれています。やはり、病気なのに寛解まで達するのが速いのはポジティブに思っておられる方です。

もしかして、ネガティブホルモンってものがあり、病気の治りに影響を与えているのかと思いました。

また引き寄せの法則にも言及され、自分の似た感覚の人に引き寄せられるのは、その見ている景色が似ているから偶然ではなく必然であるとも言われていました。

病院でもポジティブに感じている人は、良く集まって話をしておられます。もちろんネガティブにとらえている人はベッドから離れないという面もありますが、納得いく話でした。

相手の考え方を尊重しながらも、自分がポジティブに接していればいつかネガティブに考えている人も集まって話ができるのか。そんなことを思いながら音声を聞いていました。DSC_1257.jpg
スポンサーサイト

Comment

  • mo想雨om
  • URL
No title

こんにちは。

すべての方が同じではないけれど。

私が脳梗塞で入院した時、ネガティブに陥り絶望感でいっぱいでした。

しかし看護師さんリハビリの若い方たちがポジティブに声を掛けられ続けてくれて

2か月後位には少しずつですが前向きに考える事が出来ました。

もともとポジティブ思考だからかな? 患者さんの為、自分の為にも頑張って下さい。

  • キンニクメン
  • URL
No title

mo想雨om 様 コメントありがとうございます。

病気を患うときは急で心の準備が整わないと思います。

また体の一部が動かなくなるというボディーイメージの変容は誰しも戸惑い、ネガティブになると思います。

少しずつでも受け入れができるようこちらも言葉かけさせてもらっています。

また自分たちがネガティブであれば患者さんもネガティブになってしまうので、ポジティブに楽しく仕事したいです。

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する