avatar image

本人の意思と家族の意思

今日はコードブルーと言って他病棟で急変があったときの応援要請のアナウンスがありました。

患者さんは無事一命を取り留めたようですが、本当に良かったのか考えさせられました。

というのも、患者さん自身は十分生きたわと思っていてこれ以上はいいかなって考えていました。しかし、家族様は一日でも長く生きてほしいと考えていて家族間で方針決めてくださいという最中に起こったことでした。

家族さんにとっては不幸中の幸いということですが、患者さん本人にとっては意識しないところで本当に望んでいることをされているのか。ということを考えてしまいました。

皆様もどのようにお考えになるかはわかりませんが、自分ならどうしたいかということを考えてもいいかもしれませんし、自分自身もどうしたいかを考える機会になりました。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する